工事用電気設備工事

電気工事には、建設現場に電力を供給するための工事用電気設備工事(仮設電気工事)と、完成する建造物で使用する新設電気工事(本設電気工事)があり、双葉電気はこの工事用電気設備工事を主に行なっています。
これらの仕事に従事するには電気工事士の資格が必要です。

工事用電気設備工事の仕事について

電源の確保(受電)

仮設機材の設置

盛替え(資材の増設や移動)

工事が進むと・・・

① ケーブルの増設や配置変更
② 分電盤の増設や設置個所変更
③ 照明の撤去、増設

 
①~③を繰り返しながら工事を進めます。日々変化する工事現場だからこそ重要な役割です。

主な電気工作物について


一般電気工事

多くの建設現場で最初に張り巡らすパイプラインの一つに電気があります。

双葉電気の強みは、様々な現場での豊富な経験と実績です。それは未来に向けての安心を守り続けることに繋がると確信しています。

通信設備工事

様々な技術とインフラの進化はとどまるところなく加速を増して進みます。

ネットワークも昔のようなケーブルラインすら必要としなくなった今、通信設備工事に求められることの一つに柔軟性があげられます。
今までの経験よりも新たなチャレンジを双葉電気の実績の一つとして、今後も重ねてまいります。

電設資材・各種電線販売

品質・適正・価格・納期 ・・・・
様々な面から資材調達について尺度があります。

施工する側の経験からも、双葉電気は資材調達のご要望にご満足いただける自信があります。
電設資材のお困りごとは、双葉電気にお任せください。